【心が躍る雑貨】造形作家ユニットechidna(エキドナ)さまのアートプランターとオブジェ【嫉妬する器】

セレクトグッズ

こんにちは。すずきゆうこです。

本日は、私が大好きなアート作家さまの作品をご紹介いたします。

■echidna(エキドナ)陣内啓治さま

空想の世界を形にした作品。どこか不器用で愛嬌のあるびつなプランターたち。その物語も含めて楽しめます。

こちらは、昨年我が家にお迎えした「生まれた時から死んでいる。上目使いがかわいいウミガメの頭骨の樹脂製プランターオブジェ」のカメさん

タイトルがもう、なんとも言えず素敵…。この作品は展示用に作られたものらしく、このカメさんについての童話のような物語が特別に同封されていたのでした。イラストも可愛いのです。

他にも気になる作品がたくさん。好きすぎるから売り切れていても載せる。(陳謝)

ああ、どれも素敵で選べない。まだまだたくさんあります。

最初に一番気になった作品は、「嫉妬する器」でした。

この器は、お花のことが大切で本当に大好きで仕方ないんです。みんなお花を「きれいだなぁ」と見ていき、時に触れたりしていきます。それが器は嫌なのです。

外から見たら、器とお花でとっても釣り合っているんだけど、器はいつだって気が気ではないのです。器の棘は、見た目は痛々しいですが愛情の裏返し。

お花は何を語るのだろう。はたまた、お花だから何も言えないのだろうか。器に伝えたいことはなんだろう。何も分からないけれど、お花は器の土に根を張り、そこに居続けるのです。

これらの作品たちを見ていると、なんとなく、「けなげだな」、とか、「愛おしい」、と感じさせられることが多いです。意志を感じる不思議な作品。自分に対してもそう思えたらいいんだけどな~。

Twitterだと作品たちの可愛さが爆発しています。

販売サイトはこちら。

また別の作品もお迎えしたな。

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました