プロフィール

皆様こんにちはー!

アラサーからの結婚に向けた恋愛、再婚向けの恋愛を研究している心理カウンセラーのすずきゆうこです。

20代半ばで結婚し、半年で離婚したいと言われてゴネていたのがもはやネタとなった、離婚歴アリのアラサーです(笑)


現在、首都圏を拠点に活動しております。元看護師で現産業保健師。(ダブルワーク中)

自分の経験や学んできたことを誰かの役に立てたいと思い、根本裕幸お弟子さん制度2期にてカウンセリングを学び、活動を始めました。

好きなものは、美味しい食べ物と雑貨と美術館と漫画とアニメとしいたけ占いです(*^^*)


離婚前も離婚後も色々ありましたが、今は、マッチングアプリで猛アタックして付き合った彼氏と、ほのぼの同棲生活をしております。

まさに、離婚してから、仕事もパートナーシップも第二のスタートを切ったという感じであります。ありがたい。


ここからは、私のことをもう少し詳しく書きますねー!

長くなりますが、こんなことがあっても元気にやってるよ~ということをお伝えできればと思います。

カウンセラーポリシー

  1. 心地いい空間を作る
  2. プロセスを信頼する
  3. どんな状況でもまずは可能性を考える
  4. 人それぞれの価値観を尊重する
  5. その人らしく生きていけることを応援する
  6. 正しさよりもどう感じたかを大事にする
  7. 完璧よりも人間らしさを大事にする
  8. 不完全さも魅力として大事にする
  9. 感謝の気持ちを大事にする
  10. こうなりたい!に伴走する

結婚から離婚までの1年半

元夫とは、10代から7年のお付き合いを経て、20代半ばで結婚。

お付き合い期間中に、別れたことは2回(しかも2回ともフラれた。笑う)


相当な内弁慶だった私に元夫は振り回され、入籍から約半年後、仕事も妻業も勝手に抱え込んで限界を迎えていた私は、元夫の些細な忘れ物にブチ切れて大喧嘩。

一晩置いて、そのまま私としては突然だった離婚話へ。


今はネタとして笑えるけど、当時はそれどころじゃなく、

外向き人畜無害で、人生は大きな失敗もなく(成功も無かったけど)いたって順調、仕事では人に迷惑をかけないことを第一に、理不尽も気にせず、丁寧に完璧に卒なくこなしていく、

みたいな生き方しかできなかったから、離婚問題は、自分にとってお先真っ暗状態の大大大ダメージでした(涙)


夫婦関係最悪状態は、私にとって周りに見せられない弱み…。


ちなみに、離婚問題浮上直前は、相当自分のことを抑えていたようで、家では無気力状態で、休みの日は全然動けなくなっていました。

元夫はなんとかしようと声はかけてくれていたけど、傾聴してもらいたい私と、解決策をたくさん投げかける元夫ですれ違い続け、私はいつもイライラしていた状態だったと思います。


新婚の時期に問題を抱えているなんて言えなかった私は、離婚という明確なワードが出た後も、家族や身近な友人にも半年は黙ってやり過ごしていました。

「心配かけたくない」というよりも、「心配されたくない」だったと思います。

結構辛かったな。お恥ずかしい限り…。


離婚成立までは約1年半。

時間がかかった理由は、私がゴネて元夫が離婚を強行することができなかったから。

その間に、カウンセリングや、根本裕幸師匠のブログやセミナーのお世話になりました。


最初の半年はどうしても離婚したくなくて、離婚しない方向にいけるように行動していました。


その後、私の変化を感じ取った元夫から再構築案も浮上しましたが、一緒にいるのに全然心が繋がらない。表面的には仲良くできるけど、それがかえって虚しい…。


一番苦しいと感じていたことは、離婚も、元夫との婚姻関係継続も、どっちの想定にも幸せな未来が何一つ見えなかったこと。

離婚したいと言っていた元夫は、自分さえ我慢して関係を続ければ丸く収まると思ってすごく悩んでいたみたい。


先が見えないしんどさも相まって、最終的には再構築案は手放し、離婚を決めました。

(そして今だから言えるけど、この時すでに、離婚後に付き合う元彼と関係が進みつつあった(笑)


離婚問題が浮上してから離婚した後まで、自分のことも周りのことも、心の中で本当にたくさん責めました。

孤独感も感じたし、婚活して別の人を見つけたいと考えていても、それがうまくいくとはとても思えなかったです。


離婚問題でメンタルが地の底に落ち、なんとか浮上して離婚、その後またメンタルが地に落ち(笑)、

付き合った元彼は、大好きだったけどくせ者で、結局フラれて、踏んだり蹴ったり。

だから、その都度問題と向き合い、そして多くの人から愛情を与えていただきました。また、その愛情を少しづつ受け取ることも出来ました。


今は、私にとっても他の誰かにとっても、過去の一つ一つの選択は、最善を尽くしたベストだったんだろうな~と概ね思えています。


私には、元夫も元彼も幸せにすることはできなかった。

けど、そんな自分を責めなくていい。それでも、彼らの幸せを願って助けてあげた時もあったから。

どんなに未熟でも、愛がない人なんていないから。

離婚は、私にとって、素直に愛情を伝えられなかった大好きだった元夫にできた、最大で最後の愛情表現でした。


結果だけじゃないんです。

一見ダメダメに見えるかもしれないことの裏にも、自分ですら気づかない大きな愛が隠れているかもしれないのです。

私は、そこに救われましたし、今のパートナーシップやライフワークにも繋がっています。

だから、そんな気付きがカウンセリングでも提供できたらいいなと思ってお話しています(*^^*)

看護師関係の余談

看護師になったきっかけは、あまり大それた理由はなく、どこでも生きていけるからでしたが、

看護の勉強をし始めてから、医療の現場の働き甲斐に気付き、多くの患者様やご家族様の価値観や気持ちに寄り添いながら、必死に伴走してきました。


離婚前後では、元々看護科で学んだ簡単な心の法則と併せて、心理カウンセリングにも興味を持って学び始めていたので、スタッフ指導者としても評価していただくことができました。

同じフロアで働く者同士の人間関係や、患者様・ご家族様との関わりで頭を抱えっぱなしでしたが、一つ一つが大事な経験となりました。

ちなみに産業保健師って…?

看護師は、医師の指示に基づいて、治療の補助や患者様の日常生活のサポートをしますが、

保健師は看護職の中の一つで、対象の健康状態を問わず、保健指導をする職業です。中でも産業保健は、働く世代がターゲットになります。


産業保健師も色々な所で暗躍していますが、私は、会社の人事で、労務関係・メンタルヘルス関係・仕事と療養の両立の支援に関わる仕事をしております(*^^*)

看護師時代同様頭を抱えることが多いですが、だからこそ楽しく働いています(笑)


では、私個人の紹介は以上になります♪

何かありましたら、こちらのお問合せフォームよりお気軽にご連絡いただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします~!

最新情報はこちらより!良かったら、アイコンをクリックしてお友達登録もよろしくお願いします★

友だち追加

\シェアする/

自分の離婚問題をきっかけに心理学の面白さに惹かれ、根本裕幸お弟子さん制度2期で学ぶ。カウンセラーとして婚活とか恋愛の相談を受けたり、産業保健師として仕事や心身にまつわる話を聞いたりしているバツイチのアラサー元看護師。美味しい食べ物と雑貨と美術館と漫画とアニメとしいたけ占いが好き。

\すずき ゆうこをフォローする/
心理カウンセラーすずきゆうこ
タイトルとURLをコピーしました