「年収○○○○円以上!」というのも大事な価値観だよね

恋愛婚活のための話

「年収○○○○円以上!」というのも大事な価値観だよね

******

皆様こんにちはー!

20代からの結婚に向けた大人の恋愛、20代からの再婚向けの恋愛を研究している心理カウンセラーのすずきゆうこです。


この間、BTSのクセの強いダンス練習動画を見て、アーミー(ファン)の方々のツッコミコメントを見ながらくすくす笑ってました。

特に、War of Hormonの練習動画については物議しかない(笑)

ほんと、みんな仲良すぎ。好きすぎる。

******

さて、前回はこんなことを書きました。

こんなことを書いているけど、来週は、「金と地位に目がくらんだ話」にしようと思います(笑)

プロフィールの条件から入る恋愛は、私には不向きだった…




そして、このテーマに通ずるコメントをいただき、「これは、深い…」と一人で勝手に思っておりました。

年収に目がいくのも普通のことなんだと思いました(笑)試しに自分と年収が同じくらいの人に会ったけど、無理だなぁとなったのを思い出しました。年上なら私より稼いでいて欲しいなと思ってたのを自覚しました!

コメントありがとうございます!いと嬉し(*^^*)


年上なら私より稼いでいて欲しいなと思ってたのを自覚しました!

ここ、特にすごく素敵だと思いました!自分が大事にしたいポイントを自覚することってほんと重要だと私は思います。

詳細は、今日のテーマと併せて後述します!


余談ですが私は、「年収は高ければ高い方がいいに決まっとるわ!どうぞ稼いでくれ」という感じの人間です(笑)

******

では、そんな私の金と地位に目がくらんだ話。


マッチングアプリで遭遇する人って、たまに、

「本当にこんなステータスの人がアプリにおるんかい?」と

という人がいません?


アプリを始めてすぐに申請が来た彼も、「お前は本当にそのステータスなん?」という感じの人だった。


もうね、今でも忘れられない。


プロフィールに、「祖父の会社を継ぐことになっています」と明記してあったことが。


なんとなく感じる、色々な意味でのヤバさ。


プロフィール写真の背景は、どこぞのリゾート的な所で撮ったやつ。

※イメージ




私は色々考えた。


そもそも、こういう成金の匂いがする人が、なんでアプリにいるんだろう。

祖父の会社を継ぐ人って、こんなに脇が甘いんだろうか。

アプリじゃなくても出会いってありそうなのでは。

友達の紹介とか。

それこそ、祖父のツテとかありそうなもんな気がするが。


ブラックゆうこ
ブラックゆうこ

まさか、おじいちゃんに、見限られている…?(浅はかな深読み)



もうさ、自分の価値観で測れないことについては、どう解釈したらいいか未知(笑)


私はまた考えた。


いやぁ、これは明らかに私とは合わなそうな気が…。

少なくとも「理想のパートナー100」にはかすっていないと思われる。

いやでもなー、申請くれたしなー。

話してみないと分からないよね。

いいねを返すだけ返してみよう。


ブラックゆうこ
ブラックゆうこ

お金持ってそうだし…。




えへ。


そんな訳で、とりあえず「いいね」を返してみたものの、結局メッセージは来ず。

どういうことだってばよ。

興味本位で関わってみたが、正直、返信が来なくてちょっとがっかりはした(笑)

*****

ほんと、こういうことを経験すると思うけど、いかに自分軸が大事かということに収束しますねー…。


私のように「譲れないこと」、「大事にしたい事」の軸がぶれた時とか、謎の誘惑に引き寄せられた時に、上記のように中途半端な労力の使い方をしてしまうことも。

まあ、そういうこともあるよね(笑)

普通普通!


言わずもがな、「譲れないこと」や「大事にしたい事」が何か、また、大体の優先順位が分かっていれば、変に迷うこともないかなと感じています。


「年収」、「外見」、「職業」、「住まい」、「諸々のスキル」など、どんなポイントであれ、「大事にしたいと感じていることを、意識的に自分が大事にする」、というのは自分の感情に寄り添うことになるから、

その行動と感情が一致していれば、結構いい結果を出せるのではないかと思う今日この頃。


正直、モチベーションが上がらない相手に無理して合わせるのもキツイいですよね…。



ただもし、「これが大事なんだよ!」と思う一方で、そこに関して、何らかの悩みや葛藤があるなら、自分と向き合っても面白い結果になるとも思います。

*****

ここからは完全に余談なのですが、パートナシップにおいて自分が大事にしたいポイントというのは、ある側面から見ると、過去の経験が元になっていると言われていて、

主に「与えてもらった経験」か「心の痛みを作った経験」に分類ができる。


「与えてもらった経験」が元になっているのなら、与えてくれた人に対して改めて感謝の気持ちを持ってみる、というのがお勧めだし、

「心の痛みを作った経験」が元になっている場合、本当はそれほど必要ないのに、傷を埋めるためにその要素が必要になってしまっているかもしれない。


一方で、同時にそれは、パートナシップにおいて自分が相手に与えられる価値や才能を見つけるヒントになったりもするのです。


ほんと、至る所で言われているように、頼る所は頼って、自分が出来る所でパートナーを喜ばす、

お互いそのバランスが良かったり、受容と供給が一致しているのが、良くも悪くも、「相性がいい関係」と解釈できるんですよね、きっと。


だから、「大事にしたいこと」について、どんな背景や思いがあるのかが分かると、

パートナシップの形が、自分にとってより自然なものに落ち着いていくし、

大事にしていた理由が分かることで、自分自身の迷いや周りの声に惑わされずに、より大事にできたりするというメリットがあると思います。


宣伝になってしまうけど、この辺りは無料オンライン相談のココロノマルシェ、根本裕幸師匠の本のワークなどで掘り下げてみるといいかと。

また、私の方でも1/18(月)から個人セッションの募集開始をするので、個別で聞きたいという方はぜひご活用くださいませ~!(こちらのページにて公開予定)

******

よし、今週は以上!

来週は、「いざ、いいなと思う相手に出会ったらどうする?」にしようかな。


また、こちらのブログについて、ご質問やご感想などありましたらこちらのお問い合わせフォームよりお送りいただければ幸いですー!

いただいた内容は、恋活・婚活記事にて、お返事や回答をさせていただきます(*^^*)

報連相用ラインも作りました!アイコンをクリックしてお友達の登録をよろしくお願いします★

友だち追加

 それでは、また来週~♪

タイトルとURLをコピーしました