12/4(土)アフタヌーンティー会の詳細はこちらをタップ

幸せになった友達に嫉妬してしまいます(私も過去にそういう念を飛ばしていました)

恋愛や婚活などのパートナーシップ

幸せになった友達に嫉妬してしまいます(私も過去にそういう念を飛ばしていました)

******

こんにちは、心理カウンセラーのすずきゆうこです!

この間、ちょうどタイトルのようなお話を分かち合ったなぁということを思い出しました。

私、自分がサッパリうまくいっていなかった時期に周りが結婚出産ラッシュで、「おめでとう」を笑って言ってわねばと自分を奮い立たせて、反動で気が狂うかと思ってました(笑)

そんなわけで、ココロノマルシェのご相談に回答したいと思います。

ココロノマルシェとは

根本裕幸師匠の「お弟子さん制度」を卒業したカウンセラーがオンライン上でご相談にお答えするシステムです。

******

幸せになった友達に嫉妬してしまいます

27歳女性です。

私は思春期から容姿への強いコンプレックスがあり(遡れば幼少期からですが、はっきり自覚したのは中学生)、また男の子に好意を拒絶された経験が何度かあったりして、恋愛や結婚に強い憧れを持って生きてきました。

容姿を磨くことはもちろん、人見知りなのでコミュニケーション能力も磨きましたし、出会いの場にも積極的に行ってました。
20歳くらいの頃から、私に好意を寄せてくれる男性が少しずつ現れましたが、お付き合いしたいと思える男性はいませんでした。

結局初めて彼氏ができたのは23歳の時でした。その半年後、また別の方とお付き合いして、25歳でその彼と別れてから、現在まで婚活中です。
その元カレ2人に関しても、すごく好き!と思ったことはなく、お付き合いしてみてもいいかな…くらいの気持ちで始まり、そのままお別れに至りました。
なので、本当に好き!と思える方とお付き合いできたことは未だにないんです。

ここからが本題です。
そんな私の周りの女友達は同じくあまり男性とお付き合いの経験がない子ばかりでした。
というかほとんどゼロ、彼氏いない歴=年齢の子ばかり。25歳くらいまで本当にそんな感じだったのですが、なんと彼女たちが昨年末から結婚ラッシュ。
人生で初めてお付き合いした人と交際半年〜1年半でいきなりゴールイン!という事例が続出してます。

彼女たちは彼氏がいなかった頃、私が出会いの場に誘っても「そういうところは行きたくない」というスタンスで、メイクもろくにせず、服装も男性ウケとはかけ離れてました。でもそのまま、自身を何も変えることなく彼氏ができ、結婚していきました。

まさかの一番頑張ってた私が独身のまま。
すごく虚しくて悲しいです。
私が頑張ってたことって無駄だったのかな?と思ってしまいます。
かといって、頑張らなかったら、今頃誰ともお付き合いできていないままだったろうなと思います。
彼女たちみたいに何にも変わらずに結婚にたどり着くなんて、私にはたぶん無理です。

正直、素直な気持ちで彼女たちを祝えません。
私からしたら「やるべきことをやってないのに」と、怒りにも近いような強い気持ちが沸いてきます。
私は努力する、行動すること以外でパートナーシップを手に入れる方法を知りませんから…

加えて、わたしはこれだけやってもまだ好きだと思える人とはお付き合いできていません。
でも彼女たちは一発で結婚したいほどの男性とお付き合いできた。とてもうらやましいです。

私は今後この黒い感情持ったまま、幸せになれるのでしょうか。こういうふうな酷いことを友達に対して思ってしまうような人間だから結婚できないのではないかという気がしてしまいます。
婚活自体も今までのやり方ではうまくいかなかったので、なにか変えなければと思い、根本先生のブログを読んで勉強してるのですが、
具体的かつ合理的な行動を起こさないことに強い不安を感じてしまいます。このままの私では一生独身のままなのでは?とか…

カウンセラーの皆さんのお力を貸して頂けたらと思います。
長文失礼いたしました。

(Yurikoさん)

こんにちは。ご相談拝見しました。

最近、「恋愛感情ってなんだろうな」という哲学に走りがちな私ですが、でも、パートナーシップって不思議だなとつくづく思うんですよねー(どうでもいい)


私が頑張ってたことって無駄だったのかな?と思ってしまいます。

かといって、頑張らなかったら、今頃誰ともお付き合いできていないままだったろうなと思います。

Yurikoさんのご相談を見ていると、努力の量やその結果など、何から何まですごいなと感じました…。


正直、素直な気持ちで彼女たちを祝えません。

私からしたら「やるべきことをやってないのに」と、怒りにも近いような強い気持ちが沸いてきます。

「すごく虚しくて悲しい」という思いがあるのなら当然のお気持ちだと思います。もうね、正直これは全然祝えないですよ~…。でも、今はそれでもいいんじゃないかなぁと思うんです。


私は今後この黒い感情持ったまま、幸せになれるのでしょうか。こういうふうな酷いことを友達に対して思ってしまうような人間だから結婚できないのではないかという気がしてしまいます。

私も、「こんな黒い感情持ったままで大丈夫か自分…」と思いながら、それでも抑えきれず周りに念を飛ばしたりなどしていましたが、それでもなんとかなりました。

だから、Yurikoさんも幸せになれますよ(*^^*)


私なりに、お力になれるように考えてみようと思います。


*****

私は努力する、行動すること以外でパートナーシップを手に入れる方法を知りませんから…

加えて、わたしはこれだけやってもまだ好きだと思える人とはお付き合いできていません。

とすると、すごく怖いかもしれないのですが、今までの頑張り方を変えるタイミングかもしれません。


「もう頑張るの疲れたよー!!!コノヤロー!!!」(山か海に向かって)

くらいはやっておいてもいいかもですね…(えっ)



私は思春期から容姿への強いコンプレックスがあり(遡れば幼少期からですが、はっきり自覚したのは中学生)、また男の子に好意を拒絶された経験が何度かあったりして、恋愛や結婚に強い憧れを持って生きてきました。

ここから様々な努力をされてきており、得られたものも出来るようになったこともたくさんあったんだろうなと思います。


すると次は、パートナーを得るために頑張ってきたことを活かして、今の自分ができる方法や持っているスキルで相手を喜ばせたり愛したりする(すごく頑張らなくてもできること)、という方向に意識をシフトする方法がいいのかなと感じました。

そうすることで、幸せなパートナーシップが憧れから次第に現実に降りてくる感覚が掴めます。


容姿を磨くことはもちろん、人見知りなのでコミュニケーション能力も磨きましたし、出会いの場にも積極的に行ってました。




Yurikoさんがそうかはハッキリと判断ができないのですが、一つの見方としてあるのが、

自分の意識が未来のパートナー探しではなく、無意識に「自分がどう見られるか」、つまり「どうしたら愛されるのか」という「自分自身」の方向に向いている、ということです。


コンプレックスや心の痛みをバネに頑張って来られた方のあるあると言われているのですが、どういう状態かと言うと、

自分のことが嫌いだとか、愛されるかどうか疑いを持った状態で、

そんな自分だから、相手にはなんにもしてあげられない、幸せにしてあげられない、自分がいたら迷惑ではないかと感じる、

つまり、私は愛することができないと思い込みますし、

だから相手にも疑いを持ったり、痛みを抱えているから自分が良しとする愛情表現しか受け入れられなかったり、そもそも愛情表現にも気付きにくくなるので受け取れなくなるし、

そうすると、恋愛が良いものではなく苦になってくるので、自分は恋愛に向いてないんじゃないかなとか思ったり一生結婚できないかも、もっと努力しなきゃ、周り見て焦り黒い念を出してしまう、という沼に落ちていくことが起きてしまいます。


「自分に意識が向くこと」は、恋愛に限らず誰しもにありますし、私なんかは常時その状態と言っても過言でないので、もう自戒も込めて書いてるんですが(えっ)

あと気を付けなければなのが、このようなことに気付いた時に、周りを見回して「だから私はダメなんだ」と自分を責める材料にしてしまうなどの苦しさを作るクセみたいなものが出てくることがあり、

そういう「自分のパターン」にもハマらないように、なんでも、思い当たるフシがあった時に、「へえ~、いい悪いじゃなくて今私はこういう状態なんだ~」という風に客観的に自分を確認する意識を持つことも必要だったりします。


本当は自分ってそんなに捨てたもんじゃなくて、例えば、

完璧じゃない自分がいるから誰かを許して優しくすることができるし、

頑張ってきたことがあるから誰かの助けになれるし、

努力をする姿は誰かにとっての勇気や憧れにもなりますし、

容姿を磨いていることで癒しを与える存在にもなれます。


Yurikoさんの中にもたくさん価値を置ける部分があると思うのです。


もしまだやったことがないようであれば、この辺を整理してみるといいかもしれません。

■自分の女性としての魅力50個(理想の女性のイメージは自分自身の魅力、短所だと自分が思っている所も選ばれる理由になる)

■理想のパートナー像100個

■理想のパートナーシップ100個


カウンセリングや根本師匠のブログにもたまに出てくるような、イメージや感覚を使ったイメージワークなんかも効果的だと思います。

■思い悩んでいる自分が目の前いにいるとして、その表情をイメージして、かけてあげたい言葉を自分に伝える

■セクシャリティや才能を開くという意味で、自由さを感じるイメージワークも繰り返し実施するのがおススメ(イメージワークの所だけ根本師匠のブログからパクってください)




あとは、Yurikoさんが「楽しい」、「嬉しい」、「心地いい」、「気持ちがいい」と感じられることをたくさん日常に取り入れていく、というのもおススメです。

パートナー選びの直感も冴えますしね。


*****

20代前半の恋愛もそれなりに楽しかった思い出はありますが、私の場合は、お師匠のブログに漂流して離婚しアラサーになり、その経験を経た後の今の彼との付き合いの方がずっと楽しいと感じます。

さっき書いた、「自分の女性としての魅力」について、「魅力活かせているな~、これがいいんだろ、さあ喜ぶがいいよ」、くらいなことをちょいちょい思えるようになってから、不安よりも楽しさを感じるようになった気がしています。(これはこれで大丈夫か)


自己嫌悪が作る不安や想像に負けず、自分を信じてみて欲しいなと思います。楽しくなるのはこれからです。

ぜひ、Yurikoさんらしく幸せになってくださいねー!


*****

★婚活・恋活の座談会にご協力いただける方募集予定です~!(第2回目は5/9(日)21時、4/19受付開始予定、詳細はこちらより)

週一回まとめて更新のお知らせ(+ひっそり裏企画や表では書けない裏話)はラインにて★

友だち追加

★4月のカウンセリングスケジュールはこちらより

★こちらのブログについてのご質問やごコメントなどありましたらこちらのフォームよりお送りいただければ幸いです

タイトルとURLをコピーしました