12/4(土)アフタヌーンティー会の詳細はこちらをタップ

「できたらいいな」を「できる」に変える妄想家計簿♡をみんなで作ったよ(妄想も地に足をつけたらこっちの大勝利じゃ)

カウンセラーの日常

「できたらいいな」を「できる」に変える妄想家計簿♡をみんなで作ったよ(妄想も地に足をつけたらこっちの大勝利じゃ)

*****

どうも~、カウンセラーのすずきゆうこです




久々に、共同でワークショップ的な会の企画運営をやりました。


おおざっぱなテーマはお金とライフワーク。


蓋してしまっている「欲」をパッカーンして、現在から地続きになっている未来をコーディネートしようぜよ、というのがコンセプト。

そのとっかかりとして、妄想家計簿(またの名を欲望予算とも呼ぶ)なるものを作って自分と向き合う時間を作ったのでした~


普通の家計簿は予算から食費とか家賃とか趣味のお金などを割り振っていくけど、

妄想家計簿は、自分の中のストッパーをぶっ壊してやりたい事から必要な費用を逆算して楽しむ、

ついでに「できたらいいな」とふんわり考えている部分に現実というテコ入れをして「できる」にもっていってみよ~というもの。


※「欲」と「ワクワクライフワーク」の関係メモ

「欲」に蓋をしていることが一歩踏み出せない理由になっている場合がある。

「欲」を嫌ってきれいに収まろうとすると、それがやりたいことを止めるブレーキになる場合がある。

自分の「欲」を良い悪いでジャッジすると大変しんどい。その価値観がどこからきているのか、手放すかどうか一考の価値あり。




私自身、パートナーシップの方は最近落ち着いてきたんだけど、お金に関しては現在進行形で「いつも謎の金欠病」なんですよね~

気持ちの焦りが止められない~

謎だ~(しっかりしろ!)


しかし。

金欠なのに妄想家計簿って矛盾しているように見えるだろうか。


でもさ、じわじわ不安になぶり殺されるより一回振り切っちゃった方が分かることもあるよなーと私は思うのです(言い訳がましい)


(これはパートナーシップ方面にも転用できそうだな~と思ったので、また色々考えてみたい)


*****

ちょっと余談なんですが。

お金がらみで思い出した。

結婚してた時に元夫と子供欲しいかどうかでモメてたということを。


私はお金が不安過ぎて無理一択。

一方、元夫はお金何とかなる派で子供ウェルカムだった。


「何とかなる」に根拠がないので私は大層ブチ切れたが、今思えば、私の不安も根拠は曖昧だった気がする。

何故かいつの間にか避妊もなあなあになって、お金周りの不安とのバトルに辟易してたけど、何の因果か私が子を授かることはなかった。


こんなんなので、ネガティブすぎるってちくちく言われることもあったな(笑)

うるせーぞこらだよ(笑)


そんなこともあったり、お金の不安に関しては以前からもずーっと抱えっぱなしなので、向き合っておかないと後からまたヤバい火種になる予感がしたんだ。


*****

という訳で!


今回はテスト的な意味も含めて内々で、根本裕幸お弟子さん制度のカウンセラー仲間をお誘いした。


ちなみに、このワーク自体は、看護師兼ファイナンシャルプランナー(FP)のファンキー友人が夜勤の休憩中に狂った勢いでやった家計簿作りが元となり爆誕している。


「私の人生このままでよかったっけ、働き方はこれでいいんだっけ」と思ったんだって。

夜勤中は笑う。気が狂ってる(笑)

これは絶対面白いからやるしかないと思ってしまったよ(笑)


そして、みんなでやった方が絶対はかどるわーと思ってワークショップ形式にしようということに。


当日は、FP友人が講師となりリードしてもらいつつ、欲を爆発させたら一人で生活するのに月々いくらくらいかかるか、みんなでシェアしながら試算をしつつ、FP的小話も聞かせてもらった、という感じで過ごした。

(なんだろう、字で書くとめっちゃつまんなそう)


実際に、みんなでワークをやるとアイディアも膨らむし色々な発見があって楽しかった~!

(企画する時はいつだって己が一番やりたいだけ)


左上が講師役として登場してくれた友。看護学生時代からの付き合い&根本師匠のセミナーにも出ていた同士なので、私の超数少ない気の置けない友人の一人である。私はなぜかずっと「ななえさん」という感じで「さん」付けで呼んでいる。もはやあだ名。




妄想家計簿作成ワークでは、どこに住みたいか、何が好きで何が嫌いか、苦手不得意は何かなど、直感的な部分も使いつつ、

他の人のアイディアもいただきながら、必要なお金を調べたりファンキーFP友人に聞きつつ、ワイワイとワガママに計算。

(分からないことを聞いたら聞いたでイメージを掴むための質問が鬼のように返ってくる。さすが。震えた。)


そして、私は時間内では終わらなかったので、帰宅後に改めてワークを実施した所、

私は約月80万使う人になりました。


数字だけ見るとどうでしょう。

ドン引いた?

それとも80万じゃあめーよ!って感じでしょうか?


個人的にはね、数字だけ見ると「こわっ」って感じ。

しかしね、ワークを経ていると意外と震えない。

それだけ稼げるからとか、そういう胡散臭い意識高い系の発想ではなく!


80万は、めちゃくちゃ頑張って欲をむき出しにして、さらに予備費社保経費税金諸々含めての金額で、思ってたより自分、お金必要ねぇのだなということがまずは明らかになった。

内訳が分かる安心感たるや。


(あーでも、もしその水準の生活になったらいい匂いのする高いトイレットペーパーとか買い始めるんかな…。いや、でも冷静に考えたら私はいらねーな。)


また、自分が何を大事にして生活していきたいか、何がしたくて何がしたくないのか、についても改めて自覚出来たので、

私は、引き続き旅行と心地いい空間づくり、そして新しくセルフケアに力を入れていきたいと思った。


あとは、やりたい生活スタイルにかかる金額を調べてて、「あれ?これ今からでもできるんじゃね?」と気付いたり、「ここまではいらないかなぁ」とか具体的なイメージが持てたりも。

家事代行って金額的に超高いわけではないと、調べてみて初めて知った。


こんな感じで、現実と向き合いながら月々の計算ができれば、年間どのくらいのお金とお付き合いすればよいか分かって、結果的に今やるべきことを考える準備が整ったり。


ほんと、最近の悩みは、夜勤中に気が狂ったこの友人とまさに同じような感じで、私の中では医療職もカウンセラーも2年先が真っ暗闇状態だったんだけど、

漠然とした「お金ない!無理!」が緩まって、仕事のことを考える際にもほんのりと光が差してきた気がした(これは嬉しい)


ついでに、個人で副業、もしくは複業するなら、生活費、社保、税金とどう折り合を付けるかという部分についても色々聞けたのでそちらの不安も薄まった。


ファンキーFP友人的には、「自分の満足ゆく生活とそれにかかる費用が分からないと、気持ちがただただ疲れちゃうよね」とのこと。

確かに~


思えば、婚活の場とか自分の仕事についてでも、なんとなく年収○○○万円ぐらいがいいかな…とか考えることあるじゃないですか。

でも、その内訳の詳細ってどんな感じ?どうやって自分を満たしていくの?っていうのが結構大事だと改めて思った次第。


お金関連でなくても、なんとなく漠然と抱く「こうだと幸せなのにな~」というのって、

知らぬ間に他人の影響を受けて、いらんもんまで必要に感じてしまっていたり、

現実とちょっとずれたことをイメージしていたり、

すぐ受け取れるものもあるのに、必要以上に遠くに欲しいものを置いてしまっている場合もあるのかもな~と感じました。


愛野 ひとカウンセラー
青空春花カウンセラー
K!naCo (黄菜子)カウンセラー
ピロコカウンセラー
Fukaカウンセラー
ふたださとみカウンセラー
まりも(Mary)カウンセラー


一緒にワークやってくれて、ほんと、ありがとうございました!


*****

あと、今回の会を実施するにあたり、友人が自己紹介のリーフレットとライン@のアカウントをワークショップの前々日くらいにマッハで作ってて、

己の黒歴史とか座右の銘とかちょいちょいネタを入れてて笑ったし、

友人の顔が広まれば私も嬉しいしライフワークをそのまま突っ走って欲しいぞと思ったので、本人のOKを貰ってここに共有いたします。


ここまで書いといてなんだけど、自分の文章が胡散臭いのがなんか腹立ってきた(笑)

まあいいや。

ご査収の程お願いいたします(笑)


多分、友人主催でそのうちバージョンアップしたワークショップをオープンでやることになるかもしれないので、気になる方は、ライン@の動向をチェックしておくれやす。


看護学生時代、同じ釜の飯を食って育った友達がFPになるとは思わなかったけど、私もお節介にはお世話になりました~。ほんと感謝!ラブ!




それでは、今日はこれにて~!

*****

最近ここからメッセージや質問を投げてくれる方が増えてきておりとても喜んでおります★お知らせなどもこちらより~!

友だち追加

★カウンセリングスケジュールはこちらより

★お問い合わせはこちらより

タイトルとURLをコピーしました