【無事終了しました】【男女のよもやま話】9/25(金)19:30~神楽坂「コラボ企画:あなたらしい真実のパートナーシップとは」

■お知らせ

こんにちは。すずきゆうこです。

この間のこと。

こちらのリハーサルをやってきました。

それで、男性心理なら男性に聞いた方が感覚的な面でもしっくりくるのでは?と思って、当日も「いさおセンパイに男性心理を聞いてみる」という時間を設けております。

リハーサルという折角の機会があったので私とFuka先生が素朴に疑問に思っていることをちょこっと聞いてみましたよ。

******

■Fuka先生より
何で男性って話すときに第一声に「いや」って言うの?

Fuka先生、やや日頃の溜まった感情がこもっていていい感じだった(笑)

【いさおセンパイへの質問】何で男性って話すときに第一声に「いや」って言うの?

なんかね、競争とかプライドとか劣等感が関係するんだそうな。ふーーん。

******

■関東某所在住、アラサーのゆうこより
男性って女子の話をちゃんと聞いているの?

私、気を抜くとよくだらだらと喋るんだけど、友達もみんなそのタイプで、男性ってこういうのキツイっていうのをよく伺うので、実際の所どうなのか聞いてみた。

結論。

聞いてない。

まじかよ衝撃だぞ(笑)

【いさおセンパイへの質問】男女の違いでよくあるけど、男性って女性の話をどこまで聞いているの?

聞いていないっていうよりも、処理できないという表現の方がしっくりくるらしい。マルチタスクとシングルタスクが関係しているとな。

へえええ。感覚的な話はやっぱり新鮮…!

ついでに、かつてのパートナーを想像しつつ、「そ、それじゃあ、洗濯籠に入れる靴下を裏返したままなのはなんでですか!?」と聞いたら、いさおセンパイより「それは人によるw」という超ごもっともな回答をもらった。

そう。

靴下の扱い方は人による(笑)

******

■番外編:いさおセンパイからの質問
男はフォルダ、女は上書き保存って実の所どんなもんなの?

【番外:いさおセンパイからの質問】男はフォルダ、女は上書き保存って実の所どんなもんなの?

いさおセンパイの素朴な疑問について会話。

いさおセンパイが酔った勢いで過去関係のあった女性に電話して「今更何?」って言われた話に笑った。

そして、Fuka先生が「秒速5センチメートル」のエピソードを話してくれて、まさにこの傾向のやつだねえ!!!となりました(笑)

******

Fuka先生が当日のお品書き詳細についてまとめてくれています。

ゆうこ先生のパート
事前課題(理想のパートナシップについてリストアップしてもらいます)をもとに、今度は自分への理解や自分の理想をより明確にしていきます。

【内容の一例】
・あなたがパートナーシップにおいて大事にしたいこと、理想はどのようなものですか?
・理想のパートナーシップから分かる観念(観念=「そうしなければならない」という縛り)
・理想のパートナーシップから分かるあなたの価値や魅力

○いさこ先生パート:「理想」のパートナーを引き寄せる方法

【内容の一例】
・理想のパートナーシップ・パートナー・自分を具体的にイメージすることの大切さについて
・何故イメージをすると現実化しやすいのか

○Fukaパート:コミットメントの大切さ

【内容の一例】
・コミットメントとは?これができるとどうなるか?
・怖れの感情との付き合い方
・ヴィジョンの描き方

9/25(金)パートナーシップセミナーのリハーサルをしてきました

パートナーがいてもいなくても、こういう関係がいい、こういう人がいい、私はこうしたい、などの理想を掲げ、それを現実に落とし込めるような一歩目を、まずはこの日に踏み出していただけるような時間にしたいと考えております。

私たちも、「理想のパートナーシップ」を持ち寄って、価値観を広げられたらいいなと楽しみにしている所存です!

【当日飛び込み参加も歓迎です~!】
日時:9/25(金)19:30~2時間程度
料金:3,000円(当日現金でのお支払い)
場所:ココロノオフィス神楽坂セミナールーム(アクセス)

以下はリンクになります。

Fuka先生がまとめてくれた記事はこちら。

いさおセンパイがまとめてくれた記事はこちら。

お知らせは以上になります。

それでは、当日楽しみにしておりますー!

■お知らせ
\シェアする/

私がしてもらったように、「変わりたい、辛い悲しいを乗り超えたい」を応援したい。「好きな気持ちが切れちゃった」と言われて離婚+カウンセリングに出会う→一年後に好きになった人とお付き合いし再スタート中。根本裕幸師匠お弟子2期のアラサー。元看護師で現産業保健師。

\すずき ゆうこをフォローする/
すずき ゆうこ
タイトルとURLをコピーしました