「愛されるワタシプロジェクト」ワークショップ無事終了!甘えることは、相手にとっての愛し甲斐とな

ご感想・レポ

「愛されるワタシプロジェクト」ワークショップ無事終了!甘えることは、相手にとっての愛し甲斐とな

******

20代からの結婚に向けた大人の恋愛、20代からの再婚向けの恋愛を研究している心理カウンセラーのすずきゆうこです。

12/19(土)、講師ケイティこと桐山慶子カウンセラー&受講生代表ゆうこ(私)の「愛されるワタシプロジェクト」ワークショップを無事開催することができました!

準備の時期からご協力くださった皆様、ご参加くださった方々、本当にありがとうございました!

当日、ご参加くださった方それぞれから質問がたくさん出たり、みんなで場を作った感がすごく良かったな~!

感無量…!

一点、後学のために録画させていただいたZOOMの動画を確認した所、所々騒音が入っていて、ZOOM参加の方にはそれが大変申し訳ない感じでした…汗

多分私のタブレットで会場の音を拾っていたことを失念しており、上に物を置くなどしてしまったせいである(おいこら)

超反省。次から機材関係もちゃんとします…。

*****

そして、ケイティが企画に乗ってくれたことに感謝である!

相談する時に、「くだらんことを始めて…」とか「なんで私に頼むの?」思われたらどうしよう、とかね、めちゃくちゃ緊張したな。

私のネガティブな妄想(笑)に反して、最後までお付き合いしてくれたよ(涙)

そしてそして、愛さん(愛野ひとカウンセラー)も参加者としてご一緒してくださいました!

(掲載許可ありがとうございました!)

また、ありがたきことにアンケートにて参加者の方からご感想を頂戴しておりますので、また順次掲載させていただきたいと思います♪

また、私の中で印象に残ったことも記録しておこうと思う(*^^*)

******

自立女子が、鍛え上げた男性性ではなく女性性を出してパートナーの男性性を高めていくというのは、理屈では分かるんだけど。

私は、

頼るとか甘えること、
欲しい物を欲しいと表現すること、
嫌なことを嫌と伝えること、
相手のペースに委ねること、
ありがとうと素直に受け取ること、

全部苦手である(笑)


「甘えるってどんなイメージがある?」のシェアの時に、甘えている輩が嫌すぎて、

「見てて腹が立つ(怒)」

って3回言った(笑)


パートナシップで、「愛情を感じること」を書く部分で、して欲しいことばかり書いていると、依存だったり、お金目当てみたいに感じるという話が出た。

超分かると思ったのですが、ケイティはそれを「愛し甲斐がある」と表現していて、「なるほどなー」と思いました。


ワガママ出すのは相手にとって面倒極まりないことだと思っていたけど、愛し甲斐になる…!

希望(笑)


だからこそ、パートナーとコミュニケーションを取るには、土台として自己肯定感UPが必要になるという話がありました。

自分は何が好きか、
何が嫌いか、
何ができて、
何ができないか、
どうやって自分を満たすか、

を掘り下げました。

チーム現地の「ワタシのトリセツ」作り

意外と自分で自分のことを知らないのよねぇ…ほんと。


自分のことを自分で、自分の言葉でちゃんとパートナーに伝えることで、相手が私を愛しやすくなる。

この日は限られた時間しか取れなかったけど、このトリセツ作りがほんと細かい作業!

例えば、「穏やかな関係が好き」を書いた場合。

なぜそう感じるのか、
相手にどうして欲しいのか、
どうしたら自分が嬉しいのか、
具体的なイメージって何?

みたいなことを掘り下げていく感じ。

これは楽しそうだから、時間作って引き続きやっていこうと思う!


あとは、成功した自分をイメージするというのも楽しかった。

先に、自分の考える幸せを手に入れている、自分の感覚を掴んでしまおうというヴィジョンのワークを実践。

自分はすでにどうしたらいいか知っている、を前提にやるものになると。


私がワークを通して分かったことは、「愛されていることを受け取ること」でした。

他の方のシェアも聞いていて、うるっとくるものがあったな…。

ワークショップだけど、感情が動く場面がほんとたくさんあって、気持ちがいっぱいだった!


ケイティのレクチャーも盛りだくさんで、参加者の方々の意気込み熱意が素敵すぎて、結果的にいい意味で予定3時間をオーバーの3時間半(笑)

今日書ききれないこともたくさんあるけれど、いったんここまでにしておこう。

今後、彼であるメガネさんとの関わりの中で今日の学びを実践するので、またブログに綴りたい!

そして、今後はワークショップで講師を務められるように精進しようとも思いました!がんばろー!

以上、ここまでありがとうございました!

ではまた(*^^*)

ワークショップ後のご褒美ご飯。これは、ドルチェ盛り合わせ(至福)
タイトルとURLをコピーしました