私には、元夫を幸せにすることができませんでした【手放し】

心理学の雑談

こんにちは。すずきゆうこです。

昨日、半年前の離婚前後からお付き合いしていた彼と謎の to be continued 感を残しながら別れましました。仲のいい友達というグレーに収まったのが気持ち悪いけどまあいいか。ニューステージに突入おめでとう私(笑)本音をうまく話せない不器用同士、なんか頑張ったなぁ…といった感じです。彼に出会って良かったとな、と心から思う。精一杯の愛情をくれてありがとう。

**********

遡ること1週間、私は、パートナーシップ専門カウンセラーヤタさんの元で、幸せなパートナーシップについて詰めるためのセッションとセラピーを受けていました。

半年前の離婚の清算をせずにガツガツここまで生き延びてしまい、現在のパートナーシップに支障をきたしていることをなんとなく感じていました。もう、離婚時と全く同じプロセスを辿ってて、「怖っ」と思っていたんですけど、ヤタさんに指摘されて改めて意識した次第。正直イヤダナーと思いつつ、やらなきゃまた後々事件になると思って覚悟してセッションに挑みました。

こちらはその序章。

私の課題としては、彼からの愛情表現を嫌とか疲れると感じてしまう(受け取れない)、甘えたり頼ったりできない(委ねられない)、彼を信頼しきれず深読みしすぎる、抱え込みハードワーカーなど。

元夫と別れたのは後悔はないのですが、それよりも、彼を幸せにできなかった無念、そんな感情が残っていると。私に必要なのは、「負けを認める」ということ。だから、イメージワークで元夫と向き合い手放す提案をいただきました。幸せなパートナーシップを考えるのはその次だった。手放すステップを華麗に無視してた(笑)

**********

イメージの中で、元夫は、私に笑顔を見せてくれました。なんとなく、一緒に戦った戦友に再会したような。あの時はお互い頑張ったね、本当にお疲れ様だったね、と。

表向きの私。

それとは別に、私の弱い所、すぐ落ち込む所や、生産性のない弱音を吐いちゃう所、甘えてばっかりの所、そういう部分も私だから。

だから、本当は愛して欲しかった。

大事に扱って欲しかった。

もっと、話を聞いて欲しかった。

頑張ったね、そのままでいいよ、またそのうち元気にやれるよって言って欲しかった。

私は、あなたにこそ愛して欲しかった。

元夫は困っていたけど、表情は柔らかかった。

**********

そのままゆっくり元夫と抱き合って、離れた後に隣に並んで一緒に歩く。

10代から付き合って結婚生活も合わせて10年弱、楽しかったこともそうでなかったこともたくさんあって、それでもあなたが良くて、ずっと一緒にいた。うまくいかなくなった後、いっぱい後悔したけど、それでも私があなたを幸せにしたいと思っていた。

元夫と歩いていった先に、女神さまが待っている。

女神様に、私は伝えた。

「私には、無理でした。

この人を幸せにできませんでした。

どうか、この人を幸せにしてください。

どうか、よろしくお願いします。」

元夫が私の手を離れる。

私にはもう、元夫にできることはない。

ただ、幸せを祈ることしかできない。

**********

そのまま女神さまと元夫の姿が小さくなる。

振り返った先にいるのは、信頼できる人、友人やお弟子の仲間たち。

みんな、私を見守っていてくれたようだった。

抱きしめられながら、「頑張ったね」、「よくやったね」と声をかけられた。

私は、また泣いた。

**********

イメージワークが終わったあと、なんだかスッキリしたような感覚で、今までだったら離婚前の自分を容易に責めていたんですが、あの時は仕方なかった、と、いい意味で割り切れたというか。パートナーとの関係に人生をかけてしまっていた私の少し力が抜けた感じでした。

ヤタさんに「効きますねー。えぐいなこれ」ってお伝えしたら、「はりとか灸じゃないんだから!」と突っ込まれた(笑)

いい感じに手放しが進み、その時から、自己嫌悪、不安とか寂しさが急に薄らいで、自分に戻ってきたような。ひとまず、一歩前進しました。そんな一週間前。

今日はここまで。ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました