【再婚】「私にはこの人しかいない!」と思ってた男と約3年前に離婚したアラサーの近況

【再婚】私にはこの人しかいない!と思ってた男と約3年前に離婚したアラサーの近況

*****



ご無沙汰してます。

すずきゆうこです(正座)


先月、心優しき愉快な彼(メガネさん)と入籍し、再婚することと相成りました。


身近な人にはたくさんお祝いの言葉をいただき、大変嬉しい限りでございます!

感謝!


入籍する前はネガティブ思考が元気よく働いてたんだけど(多分マリッジブルー的な)、

観念して、一人で悩むのを止めて彼の懐に沈んでみれば、ただ何事もない安心と幸があったというオチ。



これから我々二人の関係がどうなるかは分からないけれど、

お互い楽しく生きていけるといいなと考えている次第であります。


そしてな、タイトルの件だ!!!



約3年前の今頃は、初めて元夫から離婚を切り出されてしばらく経ち、

私がなんとか離婚を受け入れようと決断ができた、ほんの少し前の時期だった。



その後色々あって離婚を受け入れたのだけど、当時、

元夫は私にとって「これ以上の人はいない!」と思い込んでいた人だったのでした。



そんな背景もあって、離婚を決断する前の私が、楽しくないのに暇さえあればやってたことがあった。


それは、自分と同じように離婚問題で悩んでいた人が、どんな未来を辿ったかしらみ潰しに調べること。


ずーーーっとググってた(やべぇ)

ほんとね、あまりにも苦しかったもので。

やらずにはいられなかったのよね。笑



具体的にどんなことを調べてたかというと、、、


周りにどうやって報告したのか

どんな反応が返って来たのか

離婚しない選択を貫いたらどうなるのか

離婚しない幸せもあるのか

離婚した後にまた幸せになれるのか

今後元夫以上の人に出会えるのか

みんなが何に後悔するのか

一年後、三年後、五年後にどうなるのか

などなど、、、



なんとか明るい未来のモデルを見つけて、そこに縋りたかったんですよね。



だって、

「私の至らなさが離婚を招いた」
「みんなを悲しませてしまった」
「全部私のせいだ」

と本気で思い込んで大反省してたし、

だからこそ自分が苦しい状態を抜け出して幸せになれるという自信がなかったのです。



加えて、なんとなく昔から、

「20代で絶対結婚して、適当なタイミングで出産して適度に仕事をするのが幸せである」

という信じて疑わなかった道から自分が外れて、

予測が立たない世界に向かうことをひどく怖いと感じていたことも、自信が持てなかった原因の一つ。



(生粋のビビリ)



調べる中で、次の出会いがうまくいったケース、別れて後から後悔しちゃったケース、その他色々、、、

それぞれの人たちの色々な人生を見つけたけれど、

最終的に自分がどうなるか実際の所分からないし、見れば見るほど考え込んでたなぁという淡い思い出。



つまり、当時を振り返り今ここで言えることは、

色々不安でお先真っ暗状態に陥っても、これだけ真剣に悩むことにエネルギーを使えるなら、意外とタフに楽しく生き延びれるぜよ、

ということ。



私は元気で、今はなんだか幸せだ。


私と同じように、「この人しかいない!」って思ってた人とお別れして路頭に迷ってしまった場合でも、絶対に大丈夫。

仮にもしあの時に別れを選択しなかった場合でも、多分どうにかなって大丈夫だったんだろうと思っている(確信)


どの道を選んでも、心の持ちようでどうにでもなると、私は心理学で学んだ(力技)

(過去の投影、怖れを越える、自己肯定感、自己受容…この辺はおいおいネタにするかもしれない)


今しんどい人もね、数年後には幸せに笑えてるよ。

その方法はちゃんとあるから。



すぐにどう動くか決められなくても大丈夫だし、決めちゃった後にとりあえず進むでも問題なし。

一人でヤバそうなら誰かの手を借りればいい。


たった一人で誰にもSOS出せないまま、

怖れや不安にのまれて自分を不幸にしたり苦しめる選択をするようなことだけは、ちょっとずつ手放していけばいい。


そうすれば絶対に今より良くなるから。

今よりしなやかなタフさを手に入れて、パートナーシップ以外の人生も楽しんでるから。


今悩んでいる人たちが、少しでも楽に、自由に、楽しく過ごせますように。


私の方でもご相談承れますので、

なんとしても別れを乗り越えて幸せになりたい!

パートナーシップでの嫌な思い出を手放して次にいきたいんだ!

悩み続けるのに疲れたのでそろそろどうにかしたい!

という方は、ぜひお手伝いさせてくださいませ(*^^*)


(近々個人カウンセリング受付も再開予定)


ではまた!(ラブ)



コメント

タイトルとURLをコピーしました