【理想のパートナーシップ実践編その5】うまいこといってなかった マッチングアプリ前半の腐れモードだった時の話

私の離婚後の恋活体験談

(これまでのリアル恋活・婚活・恋愛奮闘記まとめ:https://suzuki-yuuko.com/?p=2210

******

こんにちは。すずきゆうこです。

恋愛企画をやってクライアントさんとお話しているうちに、自分もパートナーシップについて学んだことを活かして実際に取り組んでみようと決めて始めたマッチングアプリでの活動について。

前回は、気持ちを切り替えて再スタートを切った話でした。

最近、クライアントさんから「読んでますよー!」という報告をぼちぼち受けるようになり、そういう意味でも楽しくなってきた今日この頃。

そして、カウンセリング後のクライアントさんとの雑談の中で、うまくいっていなかった前半の腐れモードだった私の話をしたら、それを面白がってくださって、ちょっと嬉しかったのでその全貌をブログにも書いちゃおうと思った次第。

腐れモード全開だからブラックな言動に耐性のある方へ、無価値感を拗らせた結果こんな風に生きている奴もいたぞとネタにしてやってください。

*******

とにかく、最初は何をどうしたらいいか分からず、マッチングした方とひとまずメッセージのやり取りをしていました。

先方から来るメッセージは以下の通り。

「笑顔が素敵だと思いました」「笑顔が素敵だと思い、お話したいと思いました」「笑顔が素敵ですね!」「笑顔が(略)」

それを受けて感じた私の思い。

『出オチで悪かったなクソどもめ、ざまあみろ』※まだ1通目。

中指立てるの早かったなー。

まあ、この時点で人間性なんてお互い分からないし写真情報くらいしかポジティブなフィードバックする要素ないよね…!

これは、「自分には人間的な魅力や中身がない」とかいう劣等感から生まれた思いです。自己肯定感と整える所から始めたい案件ですね(笑)

出来ることとしては、自分の価値や魅力、人に与えている要素をリストアップすることかなー。※そして実施済。

*******

やり取りを始めると、まあまあな確率で突如生まれる話題の一つ、「離婚の理由は?」について。

『なぜ知り合って間もないお前にわざわざ文章という面倒な方法で離婚理由を伝えなければならないのだ。そして、おそらく非対面のこのタイミング聞くということはちゃんと受け止める覚悟もないまま中途半端な感覚で聞いたであろうから真面目に答えたところで引かせて気まずくなるやつじゃないか。超ぶん殴りたい。心の底から面倒なので無視しよう。』

何に怒っているか言語化できる私は成長している。いや、そこはどうでもいい。

まあ、こんなわけで、華麗なる既読スルー作戦をとった。我ながら、愛がない(笑)

劣等感とか後ろめたさがゼロではないからな。自分も悪い所あったしな。こういうことしちゃうよな。こいつも私を一人の人間として見ようとしない!となってシャッター降ろしちゃった。

いや、てかさ、貴様は歴代元カノと別れた理由を根ほり葉ほり聞かれてもいいのか。その理由を以てして私にガッツリとジャッジされていいんか。まさか相手だけが悪いとは言わせない。パートナシップは問題の原因が50:50だからな!

うん、だめだこりゃ。やっぱり今の私にとってはこの案件は怒って良しとしよう(笑)

*******

相手からこまめに連絡は来るけど、なんか嫌だと感じる時もありました。すまんやで…。

A「前の彼女とは○○で~」

『知らんがな、自分で癒されとけ』

B「結婚式はされましたか?」※離婚したの把握済み

『それを聞いてどうするんだ、ぶん殴るぞ』

C「きっと実物もかわいいんだろうなと思います。会ってみたいです」

『そういう理由なら絶対に絶対に絶対に嫌です』

D「~だよね!」

『タメ語?舐めてるんか貴様』

こうしてみると、私ってなかなか扱いにくい人間だな。どれだけ戦闘モードでやってたんだろう。何気ない会話に結構トゲトゲしてたな。野生の生き物みたい。

相手がどういう気持ちがあったかは知らぬが、ストレートに言ってくるってことはいいと思って聞いている訳で、相手に悪気はないのは確か。だから、もし気になる相手ならしっかりコミュニケーションを取っていきたい所ではあったのかな。

因みに、私は面倒が圧勝してフェードアウトしていった(正座)

*******

番外編。

今メッセージのやり取りが心地いい人数名とやり取りをしているんだけど、そのうちの一人の方が、ポジティブだったりめちゃくちゃ努力家っぽい人なんですよね。謙虚だし。

男性性をすごく前向きに使っているとお見受けした次第。

あまりに眩しくて、つい、純粋な疑問として「何もしたくない日とか、ネガティブになる日ってあるんですか?」って聞いてしまった。

「勿論ありますよ!汗」

『それはよかった!何よりだ!(笑)』

可愛くない質問で我ながら笑う。

ついでに、マインドを整えるこの方なりの習慣も教えてくれた。うーん、別世界の住人。やはり眩しい…。

*******

以上!

最近、マッチングアプリだろうがリアルだろうが、出会う男性の感じとか雰囲気が変わってるなあと実感しています。

この時期の悪あがきが本来の自分に戻るプロセスだとすると、これから、どんな方とどういうパートナーシップを築いていくんだろうと想像して楽しみになる一面もあったりします。

今は、まだいいなと思う人とパートナーまで親密感を上げられたという実績はないけど、少なくとも、友達レベルには落ち着けるようになった自分を称えたいところ!

よく頑張っている!

それでは、今日はこの辺で。(続き

ありがとうございました!

*******

■次回無料モニターセッションは6月下旬頃に募集開始する予定です。(7月前半の枠が最終になる見込み。)よろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました