【理想のパートナーシップ実践編その9】ちょっと前に小耳に挟んだ、いい女マインドを育てる作戦をやってみた

私の離婚後の恋活体験談

(これまでのリアル恋活・婚活・恋愛奮闘記まとめ:https://suzuki-yuuko.com/?p=2210

******

こんにちは。すずきゆうこです。

恋愛企画をやってクライアントさんとお話しているうちに、自分もパートナーシップについて学んだことを活かして実際に取り組んでみようと決めて始めた活動について。

と、その前に、別件で嬉しいことがあったのでシェアしたい。

上司~!仕事してる所かっこいいし超クレバーで優しいからラブである。

お返しにお菓子とメッセージカードを渡そうと決めて準備。

そして、これに決めた。

「健康第一」(笑)健康管理部門だからね!

お渡しした際の上司、すごい笑いながらおもむろに写真を撮り始めたので、私は大変に満足しました(笑)

******

前回は、私が気になっているメガネさんとの2回目のデート(進展の展望見えず)と一人反省会についてでした。

最初の最初は向こうのコンタクトで始まったこの関係。現状、その関係性維持は概ね私のアクションにより成立している状況。

前回、ラインの連絡先を聞くか聞かないか迷い、「メガネさん、もしや私に流されてるだけだったら気の毒だ」と思い、いったん意思確認と思ってアクションしなかったら結果何も起きなかったという(笑)

「さて、これからどうしたもんかのう」と逡巡していたら、後日、メガネさんからラインを教えて欲しいとの申し出が。

曰く、「縮小していた業務が今後再開になり忙しくなることもあり、アプリの有料会員は更新しないため良かったら」、とのことだった。

いやほんと。

ありがとう不可抗力。

という訳で、アプリはいったん忘れてラインで連絡を取り始めた次第だったのでした。

******

アプリでのやり取りってちょっとよそ行きの感覚だったのですが、ラインだとプライベートなスペースって感覚に変わった感じがします。より本性がお互い分かっていいなと感じました。

私は私で勝手に変な柄のスタンプを使って一人で笑ってるし、ブラックなネタもぶっこむし、メガネさんもそれに対して大喜利などの謎の一工夫で返してくれるくらいに親密感が上がってきました。

さてと。

ロマンスってどうやって始めるんだっけ。

Oh…。

悪ふざけが過ぎている。

助けてロマンスの神様。

******

この悪ふざけに関して、なんとなく、自分の心のパーソナルスペースに相手を入れていいかどうかをテストしているな、ということを感じました。「私こんなんですが本当によろしいか?」という門番的な。

私の場合、多分大きな関所は二つあって、一つ目がアプリでのやり取りで判断した「内面的な部分に興味を持って分かろうとしてくれているか」、二つ目が今回の、「はみ出し者というのを面白がってくれるか」ということ。

ここを超えてきたら、初めて「パーソナルスペースに入れる許可を出せる=本音を出してもいい」になる感じ。

工数が多くて面倒な女だなぁ私(笑)

でも、「勝手に期待されて勝手に失望されたり矯正しようとされるのはもう御免だぜ…」という心の叫びであるので仕方あるまいと思っておきます。

なので、そういう意味ではこれ以上の努力は疲れるので今は据え置き、今は悪ふざけもありかなと思いつつ、改めて、女子の面も出しつつやっていこうと感じた次第でした。

******

あとは、やりながら改めて思った。恥じらいは隠蔽しないことが大事ということを。

師匠ブログにもあるように、素直に感情を出せないという所から出してしまえば多少楽にコミュニケーションが取れる実感があります。

説明も面倒なので、「多分照れると態度が悪くなることがあります」とお伝えしたところ、メガネさんの緊張感も不思議と和らぐのを感じました。あれ?態度悪いこと多かったかな(笑)

とは言え、素直で可愛いキャラにまではならなくてもいいと思っています。それが今の私だし…。

というか、「素直になったら愛されちゃうじゃん(怒り、受け取ったらまた傷つく→本当は寂しい)」という思いがあり、それほどまでハートブレイクの後遺症があるのか私は…と愕然としました(白目)

まあとは言え、多分本心を隠して問題になるのは、隠そうとするあまり外に棘の矛先が向くことだったり、意図しない方向で受け取られてしまうことかなと解釈しています。そうならなければ好きなさじ加減でいいと思うのが最近の持論。(自分に甘いだけ(笑))

******

そんな中。

ちょっと前に師匠の話を聞く機会があった。

そこで聞いた自分的衝撃のパートナシップを手に入れる方法、「性欲に忠実になるべし」というミッション。

えー…。

…やだなー!!!(笑)

性欲に関してはちゃんとした理由があって、性欲に忠実にというのはボディケアやヘアメイクや身に着ける下着などを含め「いつでも致せる女になる」ということで、それはすごくいい女が持っているマインド(=最上級は叶姉妹的な人)とのことです。

好きな男性に対して「ここにいい女おりまっせ」とアピールするとともに、なびいてこなくても「価値の分からん男」という感じでさっさと返品ができるという。

いやあ…正直、自分の性欲ってよく分からんのですよね。

もうね。

無。

どこ行った私の野生的感覚。

でも、ここを解放していくとモテるようになるらしい。

ということで、お風呂周辺の時間でボディケアをするとともに、気分が上がったらアファメーション的な感じで「私はいつでもいい男と致せるいい女です~」ってやってみたんです。

そしたら、なんかフワッと体温が上がった、というか火照った(?)。体がポカポカしてくる感じ。

「おお、多分効いている!よし来た!続ける!!!」と思ったので、暫し続けている今日この頃。ダイレクトに性を扱ったことがないからきっと私は伸びしろがあるということにして、自分自身でどうなるか楽しみにしています。

******

よし。いったんここで区切ります。

メガネさん、天然要素があるからか、私視点で見た時にちょいちょいやらかされている(?)、というか揺すられている(?)ので、それもまとめていこうと思います~!

それでは今日はこの辺で。(続き

ありがとうございました!

******

■7月下旬から8月頃、有料セッションを開始できるように準備中です!色々と策や案を練っているので、ご検討いただけますと幸いです。

タイトルとURLをコピーしました