羊を数える拷問により助けられた話と気付いたこと

アプリで彼氏ができた後の日々

羊を数える拷問により助けられた話と気付いたこと

(これまでのリアル恋活・婚活・恋愛奮闘記まとめ:https://suzuki-yuuko.com/?p=2210

******

こんにちは!

20代からの結婚に向けた大人の恋愛、20代からの再婚向けの恋愛を研究している心理カウンセラーのすずきゆうこです。

先日、根本裕幸お弟子さん制度のお仲間(まりもちゃん)が参加している写真展に行ってまいりました。

そう。

私、元々写真が好きで、オリンパスのミラーレスを買っちゃった過去がある。

しかし、使いこなせてなくて、タンスの肥やしになりかけております。Oh。

現状、私は鑑賞専門になっていて、お気に入りの写真集もある。

おススメはこれだ!

完璧じゃない美しさ!浅はかな深読み!(笑)

写真展も、とても素敵だった!

写真展にて。左からFuka先生まりもちゃん、私。

******

さてさて、マッチングアプリで出会ったメガネ氏とお付き合いしてから、早4か月弱が経った。

今日は久々の経過の記録。

(これまでの経過→https://suzuki-yuuko.com/?cat=15

改めて考えると、

2年半前に離婚したいって言われた時は「終わった」って思ったし、その1年半後に実際に離婚した時は身も心もボロボロだったし、

元彼との関係も全然ダメダメで新しい恋が無理なんじゃないかとか、心がぽっきりやられそうになったこともあった。

元夫も元彼も手放す方向で必死こいて個人セッションも受けに行ったりして、なかなかサバイブしていたなと。

ヤタぱいせん、その節はお世話になりました(笑))

元彼にフラれる形で別れてしばらくして、復活してやっぱり頑張ろうと思えたのは、無料モニター時代からのクライアントさんやお弟子の仲間や友人家族たちのおかげだし、

マッチングアプリをやっている時も、色んな方にたくさん声をかけていただきながら、ひっそりめげそうになっても何度も立ち上がることができたと思っています。

一人じゃとても無理だったな。

心より感謝です。本当に。

******

パートナーシップにおいて初期のラブラブな時期をロマンス期なんて呼んだりするけど、

ケイティとワークショップの打ち合わせをしながらあれこれ話すうちに、色々と自分なりの「甘え方」について深められているおかげか、

自分を客観的に見ながら、よりメガネさんと楽しく過ごせている気がする。

一番変わったのは、誰かと心の距離を近づけることが怖くなくなったこと、また、自分を許せるようになってきたということかなぁ。

自分を許せるようになってきたことに関しては、メガネさんのおかげもある。

彼は、私が戦いそうになっても頑なになっても自己嫌悪しても罪悪感まみれになっても、そもそもその土俵に上がってこないのが凄い所だと思う。

前の私なら、「物足りない」、「頼りない」と見ていた部分だと思うんだけど、そういう人って実は、こっちを見てめちゃくちゃ空気読んでるんだなと最近は思うようになった。

******

この間、こんなことをTwitterに呟いた。

私、そんなにカウンセラーとして知名度があるわけでもないし、活動の割に結果が伴っていないなぁなんて思うことがあったので、

メガネさんが私と過ごす時間を楽しいと言ってくれる分だけ、それを削ってまで何やってんだろうなとか感じることも正直あったんですよね。

売れていないバンドマンやお笑い芸人(私)とその彼女(メガネさん)、家庭を疎かにする夫(私)と寂しがる妻(メガネさん)みたいな(笑)

これ、ビジョン的にはクラッシュに向かいたくなるやつですね。

罪悪感の感情が幸せを遠ざけている罠だから、反面教師にして気を付けてくださいという感じです(笑)

(あと、なんでか性別が逆になってしまうんですが、そこはいったん横に置いておきます…)

******

メガネさんとの時間を作るために、カウンセラー業の業務効率改善とスキルアップが最近の課題で、

だから多分、私がメガネさんに対して「ごめんね」と言う場面が多かったんだと思う。気付かなかったけど。

この前も、「2時間で終わらすから!」と言っていたことが全然終わらなくて、心の中で「残業」と思いながら、「ごめんね、ごめん!」と言った時に、メガネさんがこんな交換条件を出してきたんですよ。

「そんなに申し訳ないって思っちゃうなら、羊の数を数えて」

「はぁっ?」ってなってたら、「そこに立って、一匹づつ数えて。俺が安らかに眠れるように」とクスクス笑いながら言ってきて、

「ただの拷問じゃん」と思って、丁重にお断りした。

ちょっと呆れて笑っていたら、メガネさんから、「ゆうこちゃん、いつも頑張ってるよね。応援しているよ」と言われて、想像と違う現実にちょっと固まってしまった。

ちょっと考えて悩んだ後、私は「ありがとう」とメガネさんに伝えた。

(彼はいい意味で私のダブルワークに関心がない)

その時にはたと気付いたんですよね。

羊を数える拷問は嫌だなと思ったけど、罰を受けることを望んでいたのは私自身だったなと。

その罰というのは、羊を数えるよりも嫌な、痛みを伴う現実(=嫌われること、離れられること、孤独になること)だったなと感じました。

******

元夫からは自分一人で何もできなくてフラれていて、元彼との関係ではちゃんと自立して頑張ろう!と思ったのに独りよがりになって嫌われて、

その後は何しても「ごめん」しか言えなくなっちゃってた気がする。

メガネさんは私の「ごめん」に優しく向き合いつつ、そうじゃなくてこっちがもっと楽しいよとさりげなく導いてくれるから、ほんと、私もそういう所見習いたい(笑)

メガネさんも結構悩みを抱えているみたいだけど、クライアントさんもお弟子も、みんな心の痛みを知っている分優しいし愛が深いなぁと本当に感じました。

さて、中途半端ですがそろそろタイムリミットなので、この辺で今日は終わる(笑)

では、皆様ご自愛くださいませ。さよなら~!

皆様との報連相用の公式ライン始めました

友だち追加

******

■個人セッションについて:https://suzuki-yuuko.com/?p=1561

■恋活・婚活・恋愛奮闘記:https://suzuki-yuuko.com/?p=2210

■お弟子セッション・セミナー情報:https://cocoro-marche.com/events

■ココロノマルシェ(無料オンライン相談):https://cocoro-marche.com/

タイトルとURLをコピーしました