アプリでの出会いで、文章だけで心の距離を測るって難しいよね

恋愛婚活のための話

アプリでの出会いで、文章だけで心の距離を測るって難しいよね

******

皆様、こんにちはー!

20代からの結婚に向けた大人の恋愛、20代からの再婚向けの恋愛を研究している心理カウンセラーのすずきゆうこです。

そう言えば、この間「家事ヤロウ」って番組を見た。

その中の、「グランメゾンキング」っていう、

バイトしすぎて料理の腕前がプロに到達してしまったポンポコ団のキングさん

という芸人の人が料理をするコーナーがあるんだけど、それが本当にガチ目の凄腕で、本職迷子で面白かった。

紹介されていたバニラアイスのアレンジレシピがうまそう過ぎたので実際にやってみたんだけど、思わず美味しくて微笑んでしまった…。

どこでバイトしたらこうなるんだ。

美味しかったから広める。

MOW(バニラ)+ポッカレモン+黄色いオリーブオイル+あらびきコショウ=クリーミーな美味しい物体

******

そう。

私、アプリ恋活をしていた時に思った。

文字だけで心の距離を測るのは大変に難しいなぁ…と。

私がやっていたアプリは、マッチングしたらチャットのやり取りから関係が始まるシステムでした。

しかし困ったことに、メッセージの文字情報だけでは相手の真意が分からないから、ネガティブな妄想などを結構していたんですよね。

例えば、反応が悪くて、

「変なこと言ったかな」とか、
「面倒だけど、ここでちゃんと返しておかないと後で嫌われるかな」とか
「きっと私のこと好きじゃないからいいや」とか、
「ちょっと重かった?」とか。

心のどこかに、自分のことを嫌いだったり自信が持てない自分がいるので、

「どうせ嫌われる」とか
「はやく見捨てて欲しい」

みたいな苦しい思いに、ついつい引っ張られるんです。

一時期、あまりに感情に振り回されて病んでいた(えっ)

結果、食欲不振に襲われた(笑っちゃうけど笑えない)

いわゆる自分軸とか、自己肯定感などというものが大事って言われる理由が身に染みた…。

ネガティブな妄想に飲まれたら、そこから戻れるように気持ちのメンテナンスができると、恋愛がすごく楽になると思いました(瀕死)

(この辺りの心の中のことは、心理学の雑談カテゴリーで書けたらなと思う)

余談ですが、メッセージでフィーリングが合わなかった人に対してネガティブな妄想をする以外は、概ね相手にイラついていた気がする…。

ブラックゆうこ
ブラックゆうこ

特に、「好きな食べ物は何ですか」のテンションで「離婚したのはなぜですか」ってライトに聞いてくる奴

および

プロフィールを読まずに「離婚されていたんですね(汗)」みたいな空気読めないメッセージを送ってきた奴らは全員許さねぇ。

******

さて、前回の最後はこんなことを書いてました。

次回は、「マッチングしたはいいけど距離感狂ってる男の話」について。下手したらただの毒記事になりそう(笑)

家事をしない男ってどうなん?

こういうのって巷ではよく聞くし、あるあるなんだろうなーって思う。

ちなみに、こんな風に文句は言うものの、正直に言えば私も狂ってる側の人間で(えっ)

好きとなれば、グッと距離を詰めたくなるし、重くもなるタイプ(お恥ずかしい)

そんな自覚があるから基本一歩引くし、自分を出す相手はかなり厳選する…ってパターンが私のいつもの感じ。

でもね、ちょっと聞いて欲しい。

私が言うのも大変心苦しいのだが、あまりに心の距離感がバグっててコミュニケーションが取れない人も中にはいたんだ。

思い出しながら笑って、この出来事を成仏させたいと思う。

******

問題の彼とマッチングした理由は、メッセージ付きで「いいね」をくれたから。

興味を持ってくれたのだから、「ちゃんとやり取りをしてみよー」って思った。

※私が登録していたアプリは、課金なりなんなりすると「いいね」にメッセージを付けて送ることができる。「いいね」を送ってもそもそも認知してもらえないという残念なことが減らせる仕組み。



確か、「文学青年とか研究職っぽい真面目そうな人」、というイメージを勝手に持ったと記憶している。

第一印象は悪くなかったはずだった。

最初は普通に挨拶から始まり、「休みの日に何をしているか」とか「仕事は何をしているか」とか他愛のない話をして、

3日くらいしたところで、「会いたい」というメッセージが来た。

しかし、直感的に全く乗り気がしなかったので、

まだ○○さんのことをよく知らないので、もう少しやり取りをしてからでいいですか?

って無難に返した。

ここまではまあ普通に想定していたんだけど、その後だ。

「どうしてもだめですか?」と食い下がられた。

しかし、安易な押しには負けない私。

「ごめんなさい、ちょっとまだ…」とごまかした。

そうしたら、




「ゆうこさんって、可愛いですよね」




ってきた。

唐突。

確かに、プロフィール写真は盛れているのを選んだけれども。

正直、「嬉しい」よりも「ゾッとした」が勝った。

ブラックゆうこ
ブラックゆうこ

土足で家に上がられた感覚。怖。

さて、ここからどうしよう?

スルーするか、まだ続けるか。

相手のことは、正直まだよく分かっていない。

迷った結果、続けるを選択。

ストレートに言われることに慣れていないので、反応に困りますね。

これでどうだろう。




「ほんと可愛いですよね」




あなたがそう感じたことはもう分かったよ。




「会ったら可愛いんだろうな~」




はいはい、ありがとよ。




「ほんと可愛いな~」




ブラックゆうこ
ブラックゆうこ

うっせえなコイツ(怒)




もうね、耐えかねた。

最後なんて超独り言じゃん。

ひとまず、好きなタイプに、「人として意志の疎通ができる人」を追加。

この人とは意思疎通が困難と判断し、彼からの連絡はぶちっと切って終わりました。

******

きっと、みんなそれぞれ自分にとって違和感のない距離感ってなんとなくありますよね。

なかなか骨の折れる作業ですが、数打って、違和感ない距離感の人を探し続けて良かったと、私は思ってしまいました。

付き合う前でも、会う時に楽しめるのが一番だと思っていたから。

それに、元々私は、我慢したり、ぶつかるのが嫌で問題を避けるパターンを持っているから、

私の違和感って、後からあんまり仕事してくれないんですよ(笑)

だから、最初の違和感の声は聞いておこうって思ったというか。

アプリで仲良くない人とメッセージをやり取りする中で、「メッセージから表情が分かる人がとても良いと感じる~」と私は思いまして、

「嬉しい」とか「楽しい」とか「緊張する」とか「困った」など、

そんな感覚や感情を伝えてくれる人って、やっぱりこちらも楽しいし、やりやすいし、いいなぁって思えたのでした。

そんなわけで、メッセージを始めることに慣れてきてからは、まず感情表現をしてくれる人かどうかを基準にして色々考えていました(必死)

アプリってほんと、自分の好みのタイプが良く分かる(笑)

******

よし、今週は以上!

次回は、「プロフィールに『お返事が返ってこなくなる方とのやり取りはしません』っていう文言があるけど何これ?」について。

たまーに見かけてはいたけど、そういうプロフィールの人から「いいね」が来ていたので、

まあ気にせず関わってみようかなと思ったら、私にとってはどうやら地雷だった、そんな話です(爆弾)

また、こちらのブログについて、ご質問やご感想などありましたらこちらのお問い合わせフォームよりお送りいただければ幸いですー!

いただいた内容は、恋活・婚活記事にて、お返事や回答をさせていただきます(*^^*)

報連相用ラインも作りました!アイコンをクリックして登録よろしくお願いします★

友だち追加

明日はいよいよケイティと一緒の「愛されるワタシプロジェクト」ワークショップ!楽しんできます♪

では、続きは来週金曜の21時に!またお会いしましょー!

タイトルとURLをコピーしました