【二人でいることの可能性】彼とだったからできた、ぶらり京都の新婚旅行



自然の音とともに朝。静か。柔らかい日差しが心地いい。



早朝にスパに行けるように予約していたので、スパのある建物までプラプラ散歩。いい気分。



朝風呂の後少し休憩して朝ごはん。びっくりするほど美味しい豆腐が一番のお気に入りに。アマン京都もチェックアウトが午後でもOKなプランだったので、朝ごはんの後はぼーっと過ごす。



彼の周りでは、「京都と言えばcenci(チェンチ)だよね」といった呼び声が高いらしく、行ってみようとプランに組み込んだ。最終日のランチをいただく。食材や器など、色々なものに対するリスペクトが前提にあって、そういう所だよなぁと思ってなんとなく反省した(どうした)



ティーペアリングとともにコースをいただいたのだけど、初体験の美味しさばかりでとても楽しかった。シェフがご挨拶にも来てくれて、とても素敵な方だった。なんとも心地いい空間だった。



食事をゆったり楽しんで、駅でお土産を買って、帰りの切符を購入。帰りの時間が読めないから当日買おうと提案してくれたメガネさんナイスだった。帰りの時間が決まっていないのは良かったから、今後もそうしようと思った(笑)またまとまったお金ができたタイミングで旅に出たい。



いい薬でした(土下座)二人ともお世話になりました。それでは!


ブログ更新情報と共に、使える心理学の豆知識をお届け中!「友だち追加」をタップして受け取ってください♪

友だち追加

すずきゆうこ
カウンセラー/産業保健師/講師

離婚問題を期に、看護師から一般企でメンタルヘルス関連の業務も担う産業保健師に転職。2020年からはカウンセラーとしても活動開始。

自身の離婚や再婚の体験・メンタルヘルスの視点・心理学をベースに、恋愛や結婚を中心とした問題解決のサポートを行っている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました