【理想のパートナーシップふたりで作る編4】気付いたら前は大嫌いだった自分が表にいて今が楽しい【抑圧していた自分を受け入れて愛してもらう】

理想のパートナーシップ

こんにちは。すずきゆうこです。

今回まとめようと思っていたのは、「メガネ氏我が家に来る初回編」だったのですが、なんだかんだあって、今は予定のない休みがあるたびに我が家に来るようになった。(メガネ氏は不定休)

そうそう。

先日、メガネさんのTシャツを2着洗濯したのですが2着とも畳むのが心の底から面倒で、

「2着畳むの面倒だから明日着るやつ教えて」

と、そのまま言ったら、

「そういう所が潔くて本当に好き。…というか面倒なのに畳んでくれるのね、ありがとう(笑)」

と言われた。

人間何がツボになるか分からないもんだよ本当に。人類は多様性…(遠い目)

そう言えば、付き合う前に本を貸してくれたことがあって、その後電話をした時に、「読み終わった時点で感想を送ろうと思ったんですが、文字を打つのが面倒なので話す時がいいなと思って。今から喋っていいですか?」と言ったことがあった。

その時にも「正直に言ってくれてほんと助かります(笑)」と言われた。

客観的に見て思ったけど、「面倒」は表現がダイレクトすぎる気がしてきた。すごく甘えてますなぁ。ほんと、足を向けて寝れませぬ。

******

さて、前回は初回デートを終えて、2回目のデート@我が家を約束した所でした。

こんなことを書いてたな。

家デートの個人的な課題は、家デートのあと関係が疎遠にならないかという謎の不安感情再びという感じだったのですが、まあこれは一回クリアしている部分と似ているので杞憂であろうと悠長な構えができた。

なんとなく思ったのは、付き合い始めのロマンスとラブがいっぱいの時期にどれだけ愛情のチャージが出来るかというが結構大事ではないかということだった。

だから、恥ずかしくても恐くても、愛情表現は出し惜しみしないようにしていきたいと思った。

もうさ、コロナの状況的なことや、メガネさんと我が家の自宅間の距離とか、色々あって、二人の拠点がないと疎遠になる気がして(落ち着け私)

いや、この1回で我が家が過ごしやすいと感じてもらえたら、また誘いやすいなと思ったんです…。

あとは、ロマンスを楽しめる付き合い始めの時期に、ロマンスロマンスした雰囲気を作るのが信頼関係にもなるよねと思った次第だったので、来るまでの期間はラインや電話を通して言葉での愛情表現をしようと決めた。

******

そんなわけで。

メガネさんが遊びに来る日は仕事があったので有給を取ろうと思ったんだけど、外せない案件があったので午後半休にして在宅勤務とした。

そうなってくると、なんかその日だけ来てもらっても微妙だな…と思って、思い切って、「もし大変でなければ、前日から来る?」と提案した所、仕事終わりにそのまま行くとノリ良く返事をくれたのでいったんガッツポーズ。

で、予定自体はいい感じに設定できたから良かったんだけど、ラインや電話のラブラブな雰囲気というものに慣れない。

だってさ、恥ずかしいじゃん…!

「好きだよ~」→「えへへありがとう私も~(はあと)」とかさ、自分をぶん殴りたくなるYO。

でもさ、これができたらちょっと楽なんだろうなという気もしていた。

******

こういう関係が合っているのか、ということが一番大事なんだと思うんだけど、私においては、「本当に嫌だし嫌いだけど実は羨ましいと思っている」みたいな複雑な心境というのが正直な所。

本当に申し訳ないなと思うんですが、以前はラブラブべたべたなカップルへの嫌悪感があって、この理由を考えてみようとも思っていなかった。

今思えば、自分が甘えたり好きと言い合ったりする状態を禁止していたから見るのも嫌だったというパターンがハマるやつだったんだろうな。

可愛らしくて、愛情表現を素直にできて、一人でできないこともたくさんあって、甘えん坊で、怒ったり泣いたりもするけど良く笑う、そうやってパートナーに愛される人が大嫌いだった。

でも、それは自分自身の一部だったんだなぁと最近気付いた。

******

「好き」だと言われたら、感じた「嬉しい」を素直に伝えてみる。

自分の中に「好き」という感情が出てきたら自分からも伝えてみる。

感じたポジティブな感情を渡し合う、そうやって自分の気持ちを受け取ってもらえると少しづつ自信がついて、徐々に抵抗感がなくなっていった。

それでも、純粋な恥ずかしさはあったので、唐突なタイミングで「あ、今好きがあふれたので報告しておく」とか、「あ!今その辺に好きがこぼれた!」とか変な言い方をしてしまったりもしたけど、我ながらよくやったと思う。

ちなみに、上記を言われたメガネさんは「えっ!待って、今なの?!」とか、「唐突…!」というような反応をしていた。

やや取りこぼしているな(笑)

******

そんな感じで、ホットな状態で我が家でも楽しく過ごすことが出来た&少しだけ自分が自由になった気分。

そして、私が考えていた以上に謎に我が家が落ち着くと感じでもらえたようで、メガネさんが我が家に現れるようになって冒頭に至る。やったね。

現状、スキンシップや男女としてのコミュニケーションに関してやや課題ありだけど(えっ!)それも順次解消していきたいところ。

好きだからこそ良くなる部分は良くしたいのよな。メガネさんはどう思っているんだろう(笑)男女としてとか、この辺りもそのうち詳しく調査しつつ書いてみたい。

しかし、とうとう女性性の使い方の神髄を学び実践する時が来てしまった…。そう、一番下のお知らせコーナーの冬の講座的なやつの種もこれなんです(笑)

色々あるけれど、でも、それ以上にメガネ氏の存在に感謝だなぁ。

(最近、自分のパートナシップについて振り返る時に感情の取りこぼしがあるから、B面ブログみたいな感じで元ネタを書いているんですが、今回はこれ。)

******

お知らせコーナー

12月か1月頃、ケイティこと、桐山慶子カウンセラーを招いてセクシャリティアップとか女性としての自分の魅力を使ったコミュニケーションとかに特化した秘密会合(仮)を計画中。

■ゆうこのガチンコパートナーシップ日記:https://suzuki-yuuko.com/?cat=15

■個人セッションについて:https://suzuki-yuuko.com/?p=1561

■お弟子セッション・セミナー情報:https://cocoro-marche.com/events

■ココロノマルシェ(無料オンライン相談):https://cocoro-marche.com/

タイトルとURLをコピーしました